Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分の演奏が本当に良かったかどうかわからず落ち込んでしまう方へ

どうも!かいとうゆうきです。

演奏会で自分の演奏を

 

「良かったよ!」「素晴らしかったです。」

 

と言われて嬉しいいんだけどでもそれは本当なのかって不安になった経験は

ないですか?

 

自分自身も以前まで演奏を褒められてもそれを素直に受け取ることが出来ずに

 

「いえそんなことないです。」とか「まだまだです」とか言っていました。

 

今考えたら凄く失礼なことだったとは思うのですが、

 

やっぱり演奏した側からすると、本当に喜んで貰えたかどうかは

気になってしまいます。

 

本当は気を使ってくれただけなんじゃないか

 

お世辞だったんじゃないか

 

本当は喜んでないんじゃないか

 

そんな負のスパイラルに陥り演奏会の後

演奏を褒められても落ち込んでいました。

 

 

この負のスパイラルの原因

 

 

 

 

f:id:ykaichi:20170615232341j:plain

 

 

 

この問題の原因には、自分が演奏で褒められたい。喜んでもらうことが目的になっていたからでした。

 

確かに演奏で聞いてくれる人が喜んでくれる演奏をするのは大事ですが、

でもそれは手段なんです。

目的になると本当に喜んでくれるかが気になり始めてしまうんです。

 

 

それにそういった演奏ができればもうそれ以上上達しなくていいとも思っていたのが原因でもありました。

 

相手の評価と自分自身の評価を一緒にしていたんです。

 

 

 

 

褒められても喜んでもらえても前に進み続ける

 

 

f:id:ykaichi:20170615231125j:plain

 

別に演奏で褒められても、喜んで貰えても、それで自分が上達しなくていい訳ではないし、本当かどうかなんて解らないんだから、考えるだけ時間の無駄だし

 

 

でも上達さえしていけば例えそれがお世辞だったとしても

 

次は本当かもしれない。

 

本当に喜んでもらえるかもしれない。

 

 前よりもっと喜んで貰えるかもしれない

 

 そう思った瞬間、今まで落ち込んでいたことがなくなりました。

 

 

 

相手からの評価と自分自身への評価は別に考える。 

 

参考にしてみて下さい。

 

 それでは