Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

できたかどうかチェックするときは吹いた後がおすすめ 吹く前や吹いている最中にチェックしようとするとただただ頭が痛くなります

 

どうもかいとうゆうきです。 ロングトーンの練習するときに意識することがいったい自分はいくつもあるんだろうとふと疑問に思い

 

紙に書いてみたんですが

 

 

 

姿勢のこと

 

息のこと   

 

音の出だし(アタックのこと)

 

音の終わり(音の処理の仕方)

 

音量はどのくらいか

 

何泊のばすのか

 

右手のこと

 

音をイメージできてるか

 

ロングトーンする音は何の音か

 

 

書き出してみてもロングトーンで意識できることはこれだけありました。

めっちゃ多い。

「書き出したことを楽譜とかに張り付けて練習するだけで

できているかどうかチェックできるから

練習中めっちゃ集中できる」と思い、今日の練習で試したんですが

 

結果はそうではありませんでした。

 

 

できているかどうかチェックしようとすると頭が痛くなるし集中できない

 

吹きながら自分が今意識できているかどうかをチェックしようとすると

 

どうやら自分は頭が痛くなるらしい。

 

というかチェックしながら吹くこと自体迷いながら吹いていることでもあるから

 

集中もできないことに気が付きました。

 

 

具体的に何をすればいいのかどう体をうごかせばいいのかを考えて脳に指令を送ってあげることで

集中力も高まるしより演奏しやすくなります。

 

 

(チェックすること自体は悪くはないのですが、

それは吹いた後や休憩中がいいです。)

 

頭が痛くなりますので

 

それでは