Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

マウスピースをプレスする(唇に密着させる)上で大事なポイント

 

どうも!かいとうゆうきです。マウスピースのプレスがホルンを演奏する上では大切であることは知られてきているのではないかと思います。

今回はプレスする時というか唇とマウスピースをプレス(唇にマウスピースを密着させる上)で

大事なことを今日のアレクサンダーテクニークの講義で

経験出来たのでシェアしたいと思います。

 

 

f:id:ykaichi:20170611212910j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

密着をさせて終わりにしていた

 

 

 

今日のアレクサンダーの講義で音を出す瞬間をアレクサンダーテクニーク教師のケンさんに

にみて頂いたのですが、「マウスピースが唇に近づき続けると思って吹いてみて」

とのこと。

 

なるほど

 

それで吹いてみると、

 

 

おおー 音を出すのが楽だしなにより簡単。

 

プレスというかマウスピースと唇の密着具合が以前よりしっかりして

吹きやすくなった。なにより支えが感じられる。

 

どうも自分は最初マウスピースのプレスをしたはいいけど

そのあとまたマウスピースが唇から離れてたらしい。

 

それで今まで音を出すのが大変になってた。

 

 

 

プレスする (マウスピースの密着を意識し続ける)

 

 

 

f:id:ykaichi:20170611213032j:plain

 

 

マウスピースを密着させて終わりじゃないんです。

 

マウスピースの密着を意識し続けることがマウスピースのプレスでは大切なポイントなんですね。

 

今回はそのことを学べた。

 

 

これでまた一歩前進。

 

この調子で上手くなっていきたいなあ。

 

それでは