Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

思い込みではなく事実を知ろう

 

どうも!かいとうゆうきです。録音をして自分の演奏を聞いてみると 実際にはどう聞こえているのかが自分でわかってなかったり

 

自分の声を録音で聞いてみるとわかりますが、実際に自分がどんな声なのか、

 

自分ではわかってなかったりします。

 

はじめて自分の声を録音して聞いてみたとき、

 

「変な声。、自分の声がこんな声だったなんて思わなかった。」

  

て自分は思いました。

 

思っていたよりも

 

声が小さかったり、はっきりと聞こえなかったり、 雑音が混ざってたり、

 

 

 

そんなことに気がつきました。

 

 

今僕が勉強しているアレクサンダーテクニークのポロコースの授業では体が実際にはどうなっているのかどう動いているのかを学んだりしています。

 

これは「自分の声や楽器の音が実際にはどう聞こえているのか」ととてもよく似ています。

 

授業中、自分が体のことで思い込みをしていたり、知らなかった部分があったりします。

 

でも実際にはどうなるのかということを知り、事実とのすりあわせを行うことで、

 

自分の体が楽になったり、ホルンが上手くなったりします。

 

 

 

そういうことを今は学んだりしています。

 

 

 

以前このような記事を書いたことがありました。

 

 

 でも感覚ってやっぱり大事なんです。そのことをこの前のプロコースの講義中、校長のジェレミーから言われました。

 

じゃあなにが当てにならないのか

 

良くなってると思い込んでたり

 

反対に悪くなってると思い込んでたり、

 

こうしなきゃいけない

 

またはこうするのが正しいと思い込んでたり

 

 

 

そういう思い込みによる感覚の評価がが当てにならないんです。

 

本当にそうなのか

 

事実はどうなのか

 

それを知る必要がある。

 

 

事実を知った上での感覚はむしろ頼りになる存在なんです。

 

 

あなたはなにか思い込みしていませんか?

 

 それでは