Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

わがままな自分とどれだけ向き合えるか

どうも!かいとうゆうきです。 

 

最近気付いたんですが、自分はとてもわがままなんだなと

 

 

 

あれやりたい、これやりたい

 

といいながら

 

でも、だって そうはいっても

 

めんどくさい  やりたくない それよりこっちの方がいい

 

やりたくない

 

 

もう 自分の中にありとあらゆる

 

自分の希望

 

 

あれがやりたい、これがやりたい

 

 

いい訳

でも、だって そうはいっても

 

めんどくさい それよりこっちの方がいい、時間がない

 

 

気がつけば

その2つが僕の心の中をいつも駆け回っていました。

 

 

(自分でやりたい言っておきながら、

 

面倒くさいとかどんだけわがままなんだよ。)

 

 

 

わがままな自分を見つける

 

ホルンの練習でもそうで

 

 

自分のやりたいように練習しがちになるんです。

 

自分が上手くいきそうなもの。

 

吹ける曲。

 

できるものしかやらないっていうね。

 

奏法をこうした方がいいとアドバイスされても調子が崩れるからとやらない。

 

新しい練習方法を試さない。

 

 

でもそんなことしてたって楽器の調子は整うかもしれないけれど

上手くはならない。

 

音域も広がらなければ吹ける曲も増えていかない。

 

いつまで経ってもそのまんま。

 

だから今度からわがままな自分が出てきたら、とにかくその理由を自分に聞いてあげる様に

しようと思う。

 

どうしてこれをやりたいと思ったのか

 

なんで練習したくないのか 

 

なんでこの曲を吹こうと思ったのか

 

なんで時間がないのか

 

なんで面倒くさいのか

 

その理由を聞いてあげる

 

そうすればわがままな自分も納得できるいい方法が見つかるかもしれないし、

 

なりゆきとかなんとなくとか

そういう理由であったら、

 

「じゃあとにかく意味のある練習にしていこう」と自分自身に言い聞かせられる。

 

 

 

 

でも高校生の時、「言われた通りやるなんて簡単じゃん」とか思ってたけど

 

完璧なめてました。すいません。

 

すごく大変です。

 

 

 わがままな自分とどれだけ向き合えるのか

 

 これから意識していこう

 

 

 それでは