Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

できているかを基準にするよりも今より上手くなっているかを練習の基準にしてみませんか

どうも!かいとうゆうきです。

 

 

 

まだできてない

 

こんなの出来たうちに入ってない

 

 

そう感じていながら楽器の練習をされていないでしょうか

 

 

 

もしそうだとしたらすごくもったいない。

 

 

実は練習の基準を変えるだけで

 

 

 

練習が楽しくしかももっと伸びていけるんです。

 

 

f:id:ykaichi:20170530013428j:plain

 

練習の基準

 

 

 

練習の基準って2つあるんです。

 

 

 

できているかできてないか

 

 

 

今より上手くなっているか

 

 

 

 

できているかできていないかを基準にしてももちろん伸びていけるんですが

 

 

 

ただそれを練習の基準にしてしまうと

 

そもそもできなかったときつらいし、仮にできたとしてもそれ以上伸びなくなってしまう。

 

 

今より上手くなっているかを練習の基準にした方が

 

伸びしろを感じやすいし楽しいしそもそもできるかできないかを基準にするより

 

はるかに伸びていける。

 

 

 

今よりも上手くなっているかどうかを基準に練習してみる

 

 

参考にしてみてください。

 

 

それでは