Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音のコントロール力を増したいときはとにかく変化をつけること

 

 

 

最近の練習で特に意識していることが

 

とにかく決まり切ったパターンの練習にならないように

 

 新しいものを取り入れるようにしています。

 

 

まだやったことないものは

 

失敗が多かったりして

 

 

上手くいかないことが多いのですが

 

 

逆に新しかったり、まだ慣れていないものをやればやるほど

 

 

音をコントロールする力が増すのではと考えています。

 

 

バリータックウェル氏は

 

著書フレンチホルンの奏法で

こう書かれています。

 

 

柔軟練習 ただしこういった練習に慣れきってしまわないように気をつけなさい。漠然と練習するのでは意味がない。いつも何を練習しているのかを考えること。

 

 

リップスラーや音階練習などある特定のパターンを練習してある程度

 

できるようになる。でもそれに慣れてしまって慣れたパターンの練習しかしてないから

 

なかなかコントロール力が身につかない。

 

 

 

柔軟生=変化した量

 

 

 

変化を加えていく。音域 テンポ 速い、ゆっくり

 

タンギング、スタッカート

 

などなど

 

 

 

 

そうやって練習していけば

 

音をコントロールする力は増していき

 

結果音域も広がり

 

吹けるものも増えていく。

 

とにかく練習パターンを増やす。

 

 

 

ということを今練習で実践中です。

 

どうなったかまた書いていきます。 

 

それでは