Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

以前は上手くいかなかったアイデアが上手くいくように

 

 

 

 

今日はバジルさんの授業がありアタックについて

 

みて頂くことに。

 

 

バジルさんから

 

「もっとひとつひとつの音をハッキリ吹いて」とのアドバイス

 

 

 

 

今まで舌の力を抜けばアタックがクリアに聞こえると思っていましたが

 

どうやら舌の力を抜こう抜こうとしてかえって力が抜けていなかった。

 

 

 

 

 

自分が感じている事が録音で聞くと違う

 

 

ひとつひとつの音をはっきり吹くとアタックが汚くなりそうなイメージがあるけれど、録音で聞くと

 

音が汚くなっていないどころか

 

アタックがはっきりクリアに聞こえてきた。

 

 

 

 

以前は上手くいっていないアイデアが今は上手くいってる

 

大学にいたとき

 

わりとはっきりと舌を使って吹いていたけれど

 

カラダ中に力が入っていて

 

上手く吹くことが出来なかった。

 

 

でも今はっきり吹くということをやっても

 

 

力みはないし

 

むしろ表現できる幅が広がった。

 

 

ちゃんと成長できてるみたい。良かった

 

 

以前は上手くいかなかったアイデア

 

ちゃんと使えている。

 

 

そういうことがまだまだあるかも

 

それでは