読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習で気付いたことをシェアしていきます

変だなと感じていることは実は良くなっていることかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は引き続きトミーの授業

 

今回はホルンを吹いての参加だった。

 

 

 

自分はまだ不安が原因で

 

吹けなくなってしまうというサイクルから

 

抜けだしきれてはいなくて

 

それを今回はトミーに見てもらう形になった。

 

 

 

 

 

音が変化している事に気がついてもそれをいい事だと認められない自分がいる

 

アレクサンダーテクニークを受けて

 

音が例え良くなっていても

 

今までホルンのレッスンでダメだと言われた音に近い気がしていて

 

どうしても変わった自分の音を認めることが出来ないでいた。

 

 

トミーには今回「良くなった自分を信じろ」

 

っていわれたけど

 

トミーのレッスン後もなんだか腑に落ちていない

 

自分がいた。

 

 

 

なんだか変だなと感じるときに意外と良かったりする。

 

 

アレクサンダーテクニークのレッスンを受けていると

 

良くあることなのだけれど

 

自分がなんだか変だなと感じている

時こそ実は良くなっていたりする

 

 

変だな=OKだった

 

腑に落ち無くて良かったんだ

 

 

 

 

 

録音で聞いてみると

 

 

授業が終わってから

 

さっそくレッスンで学んだことを試してみると

 

 

変な感じがするんだけど

録音で聞くと

音も音楽的にも良くなっている自分がいた。

 

 

 

全く変わってない訳じゃない

 

自分は

変わった音を認められなくて

 

以前の吹き方に戻そうとしていた。

 

 

でも以前の吹き方に戻したからといって全く変わってない訳じゃないんだよね

 

 

 

だから

変わっていっても大丈夫。

 

もう色々変わっているから。

 

 

今回のことでまた成長できたと思う。

 

それでは