Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

本番のつもりで録音するとなにができていないのかがわかる。でもそれだけじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今練習で

 

本番のつもりで録音することをしています。

 

そうすると

 

自分はなにができていないのかがわかります。

 

でもそれだけじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録音は自分に自信をつける

 

f:id:ykaichi:20170510201755j:plain

 

 

 

 録音って自分に自信をつけるためにとても良い練習なんです。

 

 

課題とするところ 苦手なところがわかるだけじゃなく

 

自分が成長できているもの

 

得意なもの

 

できているもの

 

もわかる

 

自分の奏でたい音楽や音のイメージにどのくらい近づいていているのか

 

なにをすれば良くなるのかもわかってくる。

 

 

今まで録音することって自分のできてないことばかりに

意識がいってて嫌だったんだけれど

できているものもわかるんだよなー

そう考えたら

録音するって自分に自信をつけるとても良い練習なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理して自信をもつようにしていた

 

f:id:ykaichi:20170510202213j:plain

 

 

まで自分は無理して自信を持つようにしてた。

 

本当は自信ないのに無理して自信をもつようにしてた。

 

そうしないと自分を保てなかったし、ホルンも吹けなかった。

 

でも

 

自分が今どのくらい吹けているのか

 

解らなかったことが

 

本当の意味で自信が持てなかった理由だったんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本番のつもりで失敗しても一回通しきる。

 

f:id:ykaichi:20170510202404j:plain

 

本番は一回しかない

 

失敗したらもう一回やり直しなんて本番ではいっていられないし

 

一回通す中で

 

なにが出来ていて

 

なにが出来ていないのか

 

を理解することで

 

今何を練習すべきなのかがわかってくる。

 

 

 

本番のつもりで録音する

 

これから続けていこう

 

それでは