Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

小さい音量を出す3つのコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもかいとうゆうきです。

 

今できるかぎり小さい音で吹く練習をしているのですが

 

その中でいくつか気がついた事があるので

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

音色を変化させることを意識する

 

音色の違いをつけることによって

 

音量の変化をつける

 

そのことを意識するだけでも

 

音が小さくなりやすいんです。

 

 

 

f:id:ykaichi:20170509081223j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

音を出すための準備に時間をかける

 

f:id:ykaichi:20170509081256j:plain

 

 

大きい音量の場合とりあえず息をたくさんいれたら出るし

 

勢いみたいなものに任せて吹く事が出来る。

 

でも小さい音量の場合

 

使う息の量は少なくなり

 

アパチュアも小さくなるので

 

音が出る範囲が小さくなる

 

なので勢いでは出来ないし

 

しっかり音が出るところを

 

狙う事が必要になる。

 

 

 

時間がかかっても良いから

 

音が出る環境を整っておいてから

 

音を出すと小さい音量は出しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

どのくらい小さい音を出すのかを決めておく

 

f:id:ykaichi:20170509081333j:plain

 

 

 

 

PなのかPPなのか

 

音が聞こえないくらい小さい音を出すのか

 

どのくらいの音量で吹くのかをまず決めておく

 

これを意識すると小さい音になりやすい。

 

 

 

  • 音色の変化を意識する

 

  • 時間がかかってもいいから音を出す準備をする。

 

  • 具体的にどのくらいの音量なのかを決める

 

 

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

それでは