Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

アパチュアを締めてしまう原因と改善方法について考える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルンを吹く時、適切なアパーチュアが出来ていることが

 

音をコントロールする上でも、いい音を出す上でも大切な部分になってきたりする。

 

いつも良い場所で吹きたいと思っているんだけれど、

 

 

それがなかなかできなくて

 

難しいです。

 

 

 

 

 

 

 息とアンブシュアとのバランスが崩れているのが原因なのか

 

とにかくアパーチュアが締まりすぎたりしたとき

 

 今自分が考えられるかぎりでは

 

とにかく休むしかない

 

 

 

 

 

よく このことについて考えているのですが

 

まだ具体的な改善方法が見つけられておらず、

 

このことについてまだ研究が必要なようです。

 

またなにか発見があったら書いて行こうと思います。

 

 

それでは