Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音を良くする時は自分の音を受け入れることがコツかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも!かいとうゆうきです。 

 

自分の音を聞いて愕然とした経験はありませんか?

 

 

「プロの音となんだか違う。」

 

「自分がこんな音だと思ってなかった。」

 

自分はなんども経験したことがあります。

 

 

 

自分の予想としていた音と全然違う

 

 

音を良くするにはイメージが大事!

 

良い音楽をたくさん聞くこと

 

リラックスが大事!

 

自分の音をしっかり聞いて!

 

参考書や教則本

 

レッスンでお世話になった先生方からアドバイスを受けたこと

 

を実践してみても自分はあんまり効果が感じられませんでした。

 

 

f:id:ykaichi:20170419184719j:plain

 

 

 

 

 

自分の音を受け入れることができていなかった

 

f:id:ykaichi:20170419184337j:plain

 

 

こんな音じゃないはず

もっと音が響くはずなのに

なんでだ

以前の自分はこんなことばかり

考えてました。

 

でもまず【自分の今の音を受け入れる必要があるんだと思うんです。】

今の精一杯のいい音を出してみる。

そして一端受け入れる。

でじゃあどうすればもっと音が良くなるか考える訳です。

 

近づいてる部分もあるかもしれない。

でもどうすればもっと近づくのか

それを考える、試行錯誤し続ける。

 

 

 

 

明確なイメージを持ち続けること

 

f:id:ykaichi:20170419184210j:plain

 

今までイメージしたからOKって思ってました。アホです。

 

そうじゃない

明確なイメージを持ち続けることが大事】なんだと思うんです。

 

それが具体的であればあるほどいいと思います。

 

 

 

最後に

 

 

自分の音に対する明確なイメージを持ち続ける

今の自分の音を受け入れる

どうすれば目標の音に近づくのか考える

試行錯誤する

音が良くなる

 

 

これで もっと良くなっていこう。 いい音だそう

それではー