Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分より上手い人に出会ったとき劣等感はいいモチベーションになるけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも!かいとうゆうきです。自分よりも上手い人達がいたりする

中学2年からホルンをやりつづけていますが自分よりも上手い人達に

たくさん出会ってきました。(先輩、後輩、同期 全部じゃん)

もうね。そういう人達に出会うとぶっちゃけ「もう、敵わないなー」ってなんども思ったりします。

自分の実力が目に見えて解るわけです。

ホントにまだまだなんだと

謙遜とかそんなんじゃなく

自分には何が足りていないのかがわかる。

 

 

f:id:ykaichi:20170418014858j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手い人達と自分を比べてしまう自分がいる

 

 

 

 

でもそういう場面に出会うと心が

まじで落ち込む

 

そして

上手い人達とアンサンブルがくめる機会があったとしても

どうしても心から楽しめない自分がいた。

 

 

それは

人と比べてしまうところに原因がありました。

 

 

 

 

f:id:ykaichi:20170418014551j:plain

 

 

 

 

 

 

 

人と比べる始めると一番にならなきゃ気が済まなくなる

 

どこかで一番上手くないといけないと思っていた自分がいました。

 

全部じゃなくてもいいから一部分だけでも勝ちたいと

 

 

高い音出したいとか、大きい音出したいだとか

よく考えてみると全部人より~したいだった

でもそれは音楽をする、演奏するということから

根本的にずれたとこにいた。

 

 

人よりも高い音を出したいから練習する

人より大きい音を出したいから練習する

 

ある種いいモチベーションにはなってくれていました。

 

 

でも

聞いてくれる人にもっと幅広い音域を聞いて欲しいから

高い音の練習する

 

聞いてくれる人にもっと自分の伝えたいことが伝わるように

大きい音の練習をする。

 

こっちのほうが人と無理に比べる必要もなく

というかむしろ自然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーデションとかコンクールとか

 

 

f:id:ykaichi:20170418014640j:plain

 

でもオーデイションとかコンクールではどうしても勝ち負けが決まってしまう。

 

そうするとどうしても人と比べるのはそういう所ではむしろ自然なことになる。

 

でも自分は音楽の勝ち負けって

聞いている人を喜ばせた人が勝ちなんじゃないかって思うんです。

 

だから別にやることは変わらない。

 

オーデション

だろうと

コンクール

だろうと

聞いている人を喜ばせればいい。

 

だったら

聞いてくれる人にもっと幅広い音域を聞いて欲しいから

高い音の練習する

 

聞いてくれる人にもっと自分の伝えたいことが伝わるように

大きい音の練習をする。

 

 

こういう練習でも大丈夫だと思う。

むしろこっちのほうがいい。

 

無理して比べる必要もない。

 

音楽を演奏する目的はあくまで

聞いている人の為にすること

自分が一番になるためにすることじゃない。

 

 

 

 

 

最後に

 

負けん気とか劣等感はいいモチベーションになるけれど

でも落ち込んだりするし、何より楽しめないから

聴いてくれる人に喜んで貰うために

演奏する 練習する

 

 

参考にしてみてください。それではー