ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音楽には正解がないけれど演奏は正解を出す必要がある

   

どうもかいとうゆうきです。 

ふと気づいたことがあったので書いておきます。

音楽にはこれっていう正解がありません。

人によっていろんな答えがあるしこれさえやっておけば大丈夫っていうものがない。

でも合奏したりアンサンブルを組んだりすると指揮者やグループの人達の要求にあるある種の正解に応えていかないと音楽が成り立たない。

なんでこんな矛盾がおきちゃうのでしょうか?

  

音楽をすることと人前で演奏する事はそもそも違った

 

f:id:ykaichi:20171004003418j:plain

音楽をすることは人に聞いて貰わなくても自分で楽しめればいいわけですから何度上手くいかなくても上手くいっても楽しめればそれでOK。

無理に正解を出す必要もなくそもそも正解がない。

でも人前で演奏する事は「聞いて頂く」ことですから音楽に正解がないからといっていつまでも答えを出さないわけにもいかない。

 演奏するということは「本番」という期限があるんですね。

自分たちの音楽を作り上げ表現するという結構(ハード?)なものなんです。

  だから何?って思うかもしれません。

でもこの気づきは自分にとって驚きだったんです。

 

 

音楽することと演奏することは一緒だと思っていた

 演奏するんだから音楽することと一緒じゃんって思ってたんですよね。

だからどこかで自分が楽しめなくなったりしたらすぐにホルンを吹くのを止めていたし、ホルンを聴いてもらおうなんて思ったこと実はあんまりなかったんです。

 

自分の音楽を聴いてもらうために

 練習はやっぱり大変だしできないこともあるし上手くいかないこともあるし練習がやりたくない日もあるしホルンを吹くのが辛い時もある。

でもきっと今自分が練習しているのはだれかに聴いてもらうためでもあったりする。

それが結果的に自分のためにもなる。

 

 最後に

演奏することには本番が必ずある。

そのために自分は何ができるんだろうか?

 

 

 

 それでは