Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音楽には正解がないけれど演奏は正解を出す必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもかいとうゆうきです。

今日ふと思ったことがあったので

それを忘れないうちに書いておきます。

 

音楽にはこれっていう正解がありません。

人によっていろんな答えがあるし

これさえやっておけば大丈夫っていうものがない。

でも

合奏したり、アンサンブルを組んだりすると指揮者やグループの

人達の要求にあるある種の正解に応えていかないと

音楽が成り立たない。

なんでこんな矛盾がおきちゃうのか?

 

 

 

 

 

音楽をすることと人前で演奏する事はそもそも本質的に違う

 

 音楽をすることと人前で演奏する事

なんとなく同じに感じますが

音楽をすることは人に聞いて貰わなくても自分で楽しめればいいわけですから

何度上手くいかなくても、上手くいっても楽しめればそれでOKなんです。

無理に正解を出す必要もなく

そもそも正解がない。

 

でも人前で演奏する事は自分たちが思う音楽を

「聞いて貰う」

ことですから

音楽に正解がないからといって

いつまでも答えを出さないわけにもいかない

表現することも必要なので

指揮者の要求やグループ内での意見の交換がとても大事になってくる。

「本番」という期限があるんですね。本番までに自分たちの音楽を作り上げ

表現するという結構(ハード?)なもの

 

 

 

 

答えを貰うのではなくみんなでデスカッションしながら答えを出そう

 

ひとりひとり感じている事は違います。

合奏やアンサンブルで音楽できる機会があるんだったら

とにかく自分はどう思っているのかをちゃんと伝えること

が大切だと思います。

合奏で指揮者の言うことだけ聞いているのではなく

自分はどう思うのか

パートではどうなのか

アンサンブルで意見を言ったあともし「それはちがうんじゃない」って言われたら

それはそれで学べる機会になるし、

「そのアイデアいいね」って言われたら

他のみんなが学べる。

 

 

最後に

ひとりひとりが答えを出そうと意識するだけでこんなにも音楽することが楽しく、面白い物になる。

 

音楽はみんなでつくりあげるものでもあると思います。

 

それではー