ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

考え方

失敗を恐れてレッスンで教わったことを鵜呑みにしていませんか?

突然ですがあなたはレッスンで教わったことは正しいことだと思いますか? 先生の言っていることだから正しいんだ! 言われた通りに練習するだけでいいんだ! なるほど。 でもじゃあなんで正しいことをするのでしょうか。 その理由が失敗したくないだったとし…

言わなくても分かるでしょ!と感じる当たり前なことほど相手に伝えるべきだと思う

教師の「何でわかんないの?」というレトリカルクエスチョンは、生徒のやる気をかなり削ぎますね。教師は生徒を責めてることになるから当然です。生徒は「先生の教え方が悪いからだと思います」というほんとうの理由を答えられないので黙るしかない。— 結城…

楽器を吹く上で身体を鍛えることが大事だと分かる4つの理由!

僕も中学、高校と吹奏楽部でホルンを吹いていました。 一年生の頃入部してすぐにやらされたのが楽器を練習することではなくなぜか腹筋、背筋、腕立て伏せなどの筋トレだったのを覚えています。 (腹筋100回とかマジ辛かった。) 当時は何でこんなキツイ事ば…

楽器の調子が悪いと感じることは実は良いことだった話

練習していると楽器の調子が悪くなってしまうことがあると思います。 そういう時ほど「くそ!なんで上手くいかないんだ!」と焦ってしまったり「自分はなんてダメなんだ!」って落ち込んでしまったり。 これまでは僕も調子が悪くなった時は落ち込んだり自分…

週1でレッスンを受けていたのにホルンが上達しなかった理由!

音大生の頃ありがたいことにプロの先生からレッスンを週一回のペースで受けていました。 ですが何度先生の言われた通りにやろうとしても全く上達できないどころかむしろ下手になっていた。 レッスン中は大抵基礎的なこと(アンブシュアを治すように(顎を貼…

習慣的な癖を改善するために必要だった3つのこと

ここ1、2年の間で自分はホルンが上手くなっているという実感を持てるようになったと思います。 アレクサンダー・テクニークを学んで練習に活かしたりどうすれば自分が上達することができるのか考えてそれをブログに書いたり。 それを日々繰り返していく中で…

楽器の練習に集中するための3つの方法

楽器の練習に集中することができない方へ。 僕自身も飽き性な性格のためか練習中にコロコロと他の事が気になってしまい結局練習に集中できてないということが長いこと続いていました。 自分で集中力をなくしてしまう 暇な時間についネットサーフィンしてしま…

タンギングが苦手だと思っていたら実は得意だった話

ずっと苦手だなと思っていたことが実は得意だったってことがあるかもしれません。 自分はずっとタンギングが苦手だと思っていました。 でも先日のバジルとのレッスンで自分がタンギングが得意だったことをしったんです。 シングルタンギングが遅かったから苦…

相手の判断ではなく自分の判断で行動する

僕はよくレッスンで「自分が今どうなっているのか客観的に判断しなさい」とよく先生から言われました。 自分で自分を判断する。 それってかなり難しい。 でもそれはずっと誰かの言われた通りにしていたからなのかもしれません。 アドバイスを鵜呑みにしてな…

ハイトーンが苦手な人はハイトーンというレッテルを外してみよう

あなたはハイトーンという言葉を聞くとどんな印象がありますか? 高い音は出たら凄い!。 高音域は出すのが難しい。 高い音を出すと唇の負担が大きい。(慎重に練習しなければいけない) 高い音を練習しているときにこんな風に考えてしまってると余計に音が…

練習前に練習する内容をあらかじめ決めておこう

楽器の練習方法には様々な種類があります。 基礎練であれば ロングトーン リップスラー タンギング 音階 リップトリル など エチュード、曲練習も含めると結構な種類があります。 そしてその日の調子や上達の度合いによって練習方法を決めていきます。 でも…

目の前のことをただ淡々とやる

多分今まで頑張りすぎていたのだと思う。 頑張ることは良いことだと思ってきたので。 自分の目標を達成したいからよしやるぞ!って気合い入れすぎて頑張って結局それで上手くいかなっていました。 上手くいかないからもっと頑張らなきゃいけないという悪循環…

何もない自分だからこそできることがある

「自分には何もない。」 これっていう何か自分に才能とか地位とかそういうものがあるわけでもない。 何者でもないからダメなんだ。だから何もできないんだ。 と僕もずっと悩んでいました。 でも、そうじゃない。 そんな自分にしかできないことがまだまだ沢山…

上手くいかない原因を手段と間違えてないか?

音を外してしまったときはなぜ外れてしまったのか考えますよね。 そのときに アンブシュアが悪いから音が外れてしまった。アンブシュアを直さなきゃ! 息がたくさん吸えていなかったから音が外れてしまった。息をもっとたくさん吸わなきゃ! 集中していなか…

不安から練習することを止めるには

先日は練習時間の長さについての記事を書きました。 時間を1時間くらいに短くして取り組んでみたところより具体的にして練習することができていたと思います。 何を練習するのか 目的はなんなのか 何を上達させたいのか など。 だけどその後自分の中で不安…

慣れるまでは練習時間を短くする

練習する時ただなんとなーく吹く。 自分はこの癖がどうしても出てきてしまう。 吹く前に何を考えているか 練習の内容が濃くなればなるほど考えることが増えてくるし意識するのが面倒だからただなんとなーく吹いてしまう。 練習内容もその日の調子で決めてい…

練習後は自分が上達したことを数えてみよう!

練習が終わった後で自分がまだできるようになっていないことを数えていたりしている自分に気がついたんですね。 それよりも今日の練習で一体何が進歩できたのかを数えたほうがいい。 今回はそんな話です。 練習は自分ができないことをできるようにすること?…

すぐに上手くならなくても焦らなくていいんだ

音楽をやってるとどうしても自分と誰かを比べてしまうよね。 上手な人の演奏を聞いてしまってついこのままじゃダメだって思ってしまう。 そして焦ってしまう。 自分もすぐにでもあんな風にできるようになりたいって思っちゃう。 焦る気持ちはすごくよくわか…

レッスンを受けるときは自分と同じ経験がある人から学ぶ

これまでたくさんのレッスンを受けてきてその後自分が上達したこともあれば逆に自分が下手になってしまったこともありました。 その違いはなんだったのかふり返ってみると上手くいってるときは自分が当たり前になってることと近い経験のある先生とのレッスン…

「どうせ自分なんか、、、」こう思ったときは好きな音楽聴こう!

「どうせ自分なんか何やってもダメなんだ。」 「どんなに頑張っても才能がない自分はダメなんだ。」 失敗ばかりしてる自分はどうせダメなんだ。 どこかでこんな風に感じてしまって前に進めない方へ。 そんなとき味方になってくれるのは自分だけ。 でもそれが…

音を出したい気持ちを我慢する

僕はこれまで上手くなるための方法を教わっていてもそれを取り入れることができずにいました。 早く上手くなりたいという気持ちばかりが募り「早くホルンを吹きたい!「音が出したい!」と焦りながら練習していたから学んだことが習慣にならない。 自分でそのこ…

上手くいかない原因を連想されることで決めつけていた話

練習していて 速くタンギングができない。 音が響かない 音を外してしまう。 など調子が悪いときになんとなく連想されることで原因を決めつけてしまっていた自分に気がついたんです。 今回はそんな話。 上手くいかない原因はそこから連想されるもの? 上手く…

失敗した自分は凄い!

自分がダメだと感じていても案外他人からみると羨ましいことであったり凄いことだと感じたりすることがある。 今までダメな自分をどうにかしたくて変わろうとしてきたけれどやっぱり自分はダメだと感じている限りいくら変わろうとしても変わらない。 結局変…

失敗するのが怖くて途中でホルンを吹くのをやめてしまう癖を改善する方法

自分はホルンを吹いている最中に調子がおかしくなってしまう予兆のようなものを感覚的に感じるときがあるんです。 それを無視して吹き続けたときは大抵昔の習慣的な癖が出てきて音が出なくなるか。 無理矢理吹いてしまったりする。 練習中にそれがおこってし…

ホルンの上達が始まったキッカケは今までの過去を忘れるところからだった話

これまで練習してきてハイトーンがダブルハイGからAsまでの間を出せるようになってきています。 以前はハイFが高いと思っていたのに最近はハイFが楽に出せるようになってきています。 高い音がずっと苦手だった 大学生の頃はどんなに練習してもハイFなんて夢…

調子が悪くなったとき意識するべき3つのこと

楽器を練習していると調子良く吹ける日とそうではない日がありますね。 僕もいつも調子良く吹ければいいのですがなかなかそうはいかないことばかりです。 練習していて調子が悪くなってしまったときどうすればいいのか。 自分が意識していることを書いていき…

なぜ上達したいのか?を考えてみよう

最近練習していて目的もなくただダラダラ練習をしてしまっている。 なぜだろうと考えてみると 自分がなぜその練習をするのか 練習して上達して一体何がしたいのか こういうことがまだフワフワしてしまっているからだと思う。 基礎だけ練習していてもつい何だ…

自分が感じるよりも大げさに吹いてみよう。それが基礎練習だったとしても!

「自分が思っているよりも大げさに演奏しなさい!」 僕はレッスン中に先生から何度も言われました。 これを基礎練習の時にも意識するようにしたら演奏がより質の高いものになったんです。 上達したことが聞いている人にも分かるように 以前の僕はを演奏して…

無理に自分を変えようとしなくてもいい

僕は1日でも早く成長したくてこれまで自分の考えや行動をとにかく変えてきました。 でもそれがやり過ぎてしまって自分が結局どうしたいのかがわからなくなってしまっていました。 変わらなきゃいけないになっていた 自分にできなかったことができるようにな…

単純に考えすぎて結局吹いてないだけじゃないか?

自分は音大を卒業してホルン奏者の松崎先生のレッスンを何度か受けていました。 その時に印象に残っていたのが「とにかくグチグチ悩んでないでとにかく吹きなさい!」と言われたこと。 以前はなぜそんなことを言うのか理解ができませんでしたが今思うとその…