読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習で気付いたことをシェアしていきます

音のコントロール力を増したいときはとにかく変化をつけること

最近の練習で特に意識していることが とにかく決まり切ったパターンの練習にならないように 新しいものを取り入れるようにしています。 まだやったことないものは 失敗が多かったりして 上手くいかないことが多いのですが 逆に新しかったり、まだ慣れていな…

調子を落としても上手くなってる

上手くいっていたり、調子が良かったりして このままいけばどんどん上手くなっていける と気分良く過ごしている。 かと思ったら調子を崩して 途端に上手くいかなくなる。 そんなことをグルグルグルグル まるで同じ事を繰り返してるみたいに でも少しずつだけ…

以前は上手くいかなかったアイデアが上手くいくように

今日はバジルさんの授業がありアタックについて みて頂くことに。 バジルさんから 「もっとひとつひとつの音をハッキリ吹いて」とのアドバイス。 今まで舌の力を抜けばアタックがクリアに聞こえると思っていましたが どうやら舌の力を抜こう抜こうとしてかえっ…

不安や恐怖に駆られたときは今を意識する

ちゃんと上手く吹けるだろうかとか また吹けなくなるんじゃないかとか 今までそんなマイナスな考えに陥って 結局それが原因となって吹けなくなるという 最悪なサイクルにずっと苦しんできました。 考えていることは体に影響してしまう できるか不安になって…

わけがわからなくなっているときこそ落ち着いて考える

考えていてもよく解らなくなったり 上手く出来なくて焦ったり、落ち込んだり わけがわからない そう言うとき、 とにかくいったん落ち着く。 そしてそう言うときこそ 考える。 なにが起こっているのか なにが問題なのか どうすれば良くなるのか アンブシュア…

答えを出すことが大事なんじゃなく学び続けることが大事

なにか問題が起こったり、悩んだり、課題があったりすると すぐに答えを求めたくなって解決したくなる。 僕自身答えを出して問題を解決することが もっとも大事なんだと思ってました。 だって悩みたくないし、できればそんなに考えていたくない。 「答えを出…

アンブシュアのアゴの張りが上手くいかない人へ 上手くアゴを張るコツはアゴを張る目的を意識すること

ホルンを吹いている人なら、いや金管楽器を吹いたことがある人なら アンブシュアの「アゴを張る問題」に 一度は直面したことはないでしょうか? 自分はこれまで アンブシュアのアゴを張る事が出来ずに 中学からずっーと苦しめられてきました。 大学のころバジ…

何もしなくても良くなるのなら思うだけでいいのでは

ykaichi.hatenablog.com これを意識して練習していたら 思いついたことがあったので 今回はそのことについて書いていきます。 バジルさんやナンシーさんもいっていたけれど、 ~したいことに アレクサンダーテクニークは 効果があるということを Bodyc…

いかに何もしないか

「いかに何もしないか」 ホルンを吹く時 すごく鍵になってくることだと思っています。 ~しようと思って行動に移した瞬間に力みが生まれてる? ホルンを吹こう 曲を演奏しよう 高音を出そう とにかく自分の意志で何かを選択して 行動に移した瞬間に力みって生…

変だなと感じていることは実は良くなっていることかも

今日は引き続きトミーの授業 今回はホルンを吹いての参加だった。 自分はまだ不安が原因で 吹けなくなってしまうというサイクルから 抜けだしきれてはいなくて それを今回はトミーに見てもらう形になった。 音が変化している事に気がついてもそれをいい事だ…

自分が決断出来ないのは絶対って思いすぎていたから

今日はアレクサンダーテクニーク海外教師のトミー・トンプソンの授業があって なんだかほとんど人生相談のような感じで授業が進んでいった。 自分も日頃悩んでいることを今回は相談した感じになった。 決断しているつもりが決断できていなかった自分 今まで…

自分を観察するときは自分を受け入れることが必要

最近自分で自分の事を観察できるようになってきた。 練習中上手くいかないとき 休んで変な癖をつけないようにすること が多かったけれど、 どうしたら その問題を解決できるのか 自分で考えるようになった 自分がどうなっているのかを観察し情報を集める 自…

~すべき ~しないといけないは思考を停止させ可能性を狭めてしまう

楽器を毎日練習すべきだ 一日3時間は練習しないといけない 基礎を固めてから 曲をやるべきだ やらないといけない 完璧にできないと先に進んじゃいけない ブログ毎日書かないといけない こういった考えがでてくる時が 自分はまだまだあります ~すべきだ ~し…

本番のつもりで録音するとなにができていないのかがわかる。でもそれだけじゃない

今練習で 本番のつもりで録音することをしています。 そうすると 自分はなにができていないのかがわかります。 でもそれだけじゃないんです。 録音は自分に自信をつける 録音って自分に自信をつけるためにとても良い練習なんです。 課題とするところ 苦手な…

小さい音量を出す3つのコツ

どうもかいとうゆうきです。 今できるかぎり小さい音で吹く練習をしているのですが その中でいくつか気がついた事があるので 書きたいと思います。 音色を変化させることを意識する 音色の違いをつけることによって 音量の変化をつける そのことを意識するだ…

僕たちは重力を受けて生きている

僕たちは重力というものを無意識に受けています。 重力があるから 地球の上に立ってもいられるし、歩けるし、走れるし、楽器だって吹ける。 もっと大きく言ってしまえば酸素を得ることができて呼吸することができ生きていける。 でも 無意識だと重力に押しつ…

上手くいったと思った途端に上手くいかない

自分の思った通りに出来ている 良い感じだと思った途端になぜか足下をすくわれちゃう事が多い。 安心しちゃうのか、集中力がなくなってしまうのか 油断してしまうのか 上手くいっているときこそ 油断しちゃいけない 出来たからといって油断しない 出来たと思…

経験は繰り返せない 学んだことは繰り返せる

どうもかいとうゆうきです。 アレクサンダー海外教師のトミー・トンプソンさんが合宿中言っていたのですが 経験は繰り返せない 学んだことは繰り返せる 僕は一度上手くいったことをもう一度 やろうと今までしていました。 上手くいった感覚 この感覚をもう一…

アレクサンダーテクニーク合宿を終えて感じた2つのこと

どうも!かいとうゆうきです。3日からのアレクサンダーテクニーク合宿、自分は2泊3日での参加でした。アレクサンダーテクニーク教師の授業をたくさん受けられたし、色んな方とお話できたり、夜遅くまで飲んだり、とにかく人と関わる機会がたくさんありました…

今日から2泊3日でアレクサンダーテクニークの合宿に参加してきます

www.ymcajapan.org どうも!かいとうゆうきです。 今日から2泊3日 ホントは4泊5日 なんですが 静岡の方で Bodychanceの アレクサンダーテクニーク合宿 に参加してきます。 今から凄く楽しみで どんなことするんだろう? 場所はここでやるみたい 御…

高い音を出すときもしかしたら足を固定していたかもしれない

どうも!かいとうゆうきです。 先日ナンシーさんのグループレッスンを受けたとき やりたいことはある?って聞かれたので 「高い音出したい」 って答えて 高い音出す時に 自分がどうなっているのか 見てもらいました そこでナンシーさんから 「足が動いていると…

発信することは大事だけど一番大事じゃない

ブログを毎日書き始めて気がつけば2ヶ月たってしまいました。今のところ毎日続いています。 以前のブログのものも合わせると 95記事書いてる。 数えるのが大変。 ホントよく書けたなと思ってしまいます。 自分が何をやっているかを伝えるのは大事だけれど …

26になりました

自分は今日で26になりました。25年ホントあっという間でした。 あれだ 自分もついに20代前半が終わってしまった。 自分はどれだけのことができたんだろう 行動しているつもりが全然行動できてなかった 大学を卒業してから、いや大学にいたときもそうだっ…

ロングトーンの練習をするときは出だし音質も大事だけど音の止め方も大事

ロングトーンの練習をしていて気がついたことなんですが この練習で大事になってくるのって 音の出だし、音質 音の止め方 この3つが大事なんだなと今更ながら思いました。 特に音の止め方というか 処理の仕方というか それができないともしかしたらロングト…

人と関わるのは苦手だし、恐怖だけど

自分は人と会話したりするのがすごく苦手。相手の目を見たりするだけでもひと苦労です。 でもこのままじゃいけないと思って、相手の目を見れるよう意識し続けてみたり、 鼻をみたらいいんだよってアドバイスをもらったり でもまたしばらくたつと見れなくなっ…

楽器を吹いていないときが一番舌をリラックスさせている

どうも!かいとうゆうきです。このあいだ練習していて速くタンギングする方法を見つける事ができました タンギングしていたときに、今まで舌の力を抜かなきゃ速く出来ないと思って練習してました。 でもどうやったら舌の力が抜けるのかそれが謎だった。 舌は…

楽器を持ち上げるとき同時に首を固めていた

どうも!かいとうゆうきです。最近はアレクサンダーテクニークを使う事が多いです。 今日は バイト中重たい荷物を運んでいる最中に首に力を入れて持ち上げていることを発見しました。 楽器を持ち上げるとき同時に首を固めていた これはもしかしてホルンを持…

アレクサンダーテクニークをホルンの練習に使ってみてます

アレクサンダーテクニークの教師資格を取るためBodychanceで学び初めて 自分の中ではアレクサンダーテクニークを楽器の練習をしているときよりも吹いていない時の方が意識しやすく、 これまでも練習しててあんまりテクニーク使えていませんでした…

感覚は当てにならないとアレクサンダーを習っているとよく言われたけど

今日はアレクサンダーテクニーク海外講師のナンシーさんの講義があったので さっそくホルンを持ってBodychanceへ そこで今日はナンシーさんから 「2人一組になって一人は先生役、一人は生徒役になって向かい合って 先生役の人は生徒役の人に自己紹…

自分自身の責任を果たす

どう動いていけば、今の現状が良くなっていくのか どうしたら自分の目標とするところにいけるのか それがずっと考えても考えても解らなかった。 考えても解らないからとにかく動きまくって まずは行動あるのみと思ってやってきたけど なんか上手くいってなく…

アパチュアを締めてしまう原因と改善方法について考える

ホルンを吹く時、適切なアパーチュアが出来ていることが 音をコントロールする上でも、いい音を出す上でも大切な部分になってきたりする。 いつも良い場所で吹きたいと思っているんだけれど、 それがなかなかできなくて 難しいです。 息とアンブシュアとのバ…

音を良くする時は自分の音を受け入れることがコツかもしれない

どうも!かいとうゆうきです。 自分の音を聞いて愕然とした経験はありませんか? 「プロの音となんだか違う。」 「自分がこんな音だと思ってなかった。」 自分はなんども経験したことがあります。 自分の予想としていた音と全然違う 音を良くするにはイメージが…

アンケートにご協力よろしくお願いします!

//

音大に入ろうとしている人へ 意識して欲しい5つのポイント

どうも!かいとうゆうきです。僕自身 上野学園大学という音大を卒業しました。 そこでは指揮者や演奏家として活躍している先生方に出会い、音楽が好きな仲間とも 出会い貴重な時間を過ごせました。 でも今考えるともう少しこうゆうふうに大学生活を過ごせて…

自分より上手い人に出会ったとき劣等感はいいモチベーションになるけれど

どうも!かいとうゆうきです。自分よりも上手い人達がいたりする 中学2年からホルンをやりつづけていますが自分よりも上手い人達に たくさん出会ってきました。(先輩、後輩、同期 全部じゃん) もうね。そういう人達に出会うとぶっちゃけ「もう、敵わないな…

情報を選択する時は自分に合ったもの 取り入れたいと思う物を

どうも!かいとつゆうきです。インターネットでいろんな情報をどんなときも手に出来る今はホントに便利です。 そして自分も発信する側に。 こうやってブログ書くなんてまったく想像していませんでした。 いまのところ毎日続いています。 書くことがなくなる…

音は出そうとしなくても勝手に出る

どうも!かいとうゆうきです。音を当てよう当てようとして 今まで外すことを無意識に怖がって吹いていました。 今日はアレクサンダー海外教師ナンシーさんのレッスンがありそこで 今自分が悩んでいることを見てもらいました。 音を出す瞬間や 音が出ているの…

アタックはスタッカートの練習できれいになる!

どうも!かいとうゆうきです。 今日の練習でひとつ気づいたことがあるので 今回はそれを書いていきます。 今日スタッカートの練習がアタックに効果があることが解った。 さらにタンギングにも効果あり 発音(アタック)は息とアンブシュアのバランスが鍵 出…

僕が書いてるものは正しい方法じゃなく今よりも良くなる方法

どうも!かいとうゆうきです!これまで自分が気がついたことや楽器の奏法のことなどを発信してきました。 これら全て自分には良かったことを書いています。 中には先生方に教わったこともあります。 でも自分は基本的に正しいことを書こうとは思っていないん…

不安になったりするのは情報が足りてないから

どうもかいとうゆうきです。アレクサンダーテクニークの勉強を始めてから 自分の体について考える機会が以前よりもさらに多くなりました。 特に今日「わからない」ということが 体に影響することがプロコースの授業の中で話題になった。 【かもしれない】が…

音楽には正解がないけれど演奏は正解を出す必要がある

どうもかいとうゆうきです。 今日ふと思ったことがあったので それを忘れないうちに書いておきます。 音楽にはこれっていう正解がありません。 人によっていろんな答えがあるし これさえやっておけば大丈夫っていうものがない。 でも 合奏したり、アンサンブ…

上手そうにホルンを構えるときのポイント2つ

どうも!かいとうゆうきです。ホルンを持つとき構え方がなんだかしっくりきていない 今までなんだか構えが変でした。というかすごく持ちづらかった 左手を意識していてホルンが少し動いていた ホルンは左手の小指の部分でも楽器をある程度支えます。 でも左…

大きな音を出すときの3つのポイント

どうも!かいとうゆうきです。吹奏楽部で大きな音を出す機会いっぱいあると思います。 むしろ出しているのに「聞こえない!」っていわれることもしばしば どうすれば大きな音が出るのか?経験を踏まえて自分なりにポイントをまとめてみました。 大きな音を出…

楽器に息を吹き込んでしまう方へ 息を吹き込んでしまう2つの原因と2つの改善案

どうも!かいとうゆうきです。 自分はこれまで息を吹き込んでしまう癖があり改善策はあるものの 根本的な原因が解らないままでした。 その原因が今日解った。 タンギングしたと同時に息も出して音を出していた この問題は自分が音を出すプロセスで 息 アンブ…

効率のいい練習をするには非効率な練習をする必要があると思う

どうも!かいとうゆうきです。 上手くなるためには「効率のいい練習をしましょう」っていわれませんか? 「質の高い練習をしましょう」と言われることもあるかもしれません 効率のいい練習ってどんな練習なんだろう? 効率のいい練習ってなに? よくネット上…

自分がどう吹きたいのか明確にイメージする

どうも!かいとうゆうきです。 自分が楽器の音を出すとき いつもいつも 恐怖心のようなものがありました。どう吹いていいのか解らなくなってしまうときがあるんです。 今日のアレクサンダーテクニークの授業中 その原因が解った。 何を吹きたいのかが明確じ…

上手くなりたかったら上手くなるのを目的にしない

どうもかいとうゆうきです。日々ホルンを練習している中でもっと好奇心を持って練習 してみようと今日の練習では特に意識してみました。 結果どうだったか。練習がとても楽しかった!上手くもなった。 上手くなるのが目的になると失敗を恐れるようになる 今…

アンブシュアがへの字になっちゃう問題について考察1

最近また自分の悪い癖が出てきているのですが、楽器を吹くときのアンブシュアが時よりへの字 になり音が出にくくなっていました。 この原因はおそらく唇を必要以上に締めすぎてしまっているから なのでは考えてはいるんですが、 どうも自分は不安になったり…

自分が休めないのは周りを信用していないからだった

どうも!かいとうゆうきです。 自分は今不動産会社でアルバイトしているんですが お茶だし、電話取り、パソコン作業などなど 様々なことをバイトで経験させて頂いています。 バイトを初めてから3,4年ほどたち 作業自体にはだいぶ慣れてきてきました。 で…

今アレクサンダーテクニークを学んでいます

どうも!かいとうゆうきです!実は4月からアレクサンダーテクニーク教師資格を取得するためBodychanceスタジオで学び始めました。 え?アレクサンダーテクニークを知らない? わかりました! アレクサンダーテクニークってなんだ? F.Mアレクサ…