ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

練習後は自分が上達したことを数えてみよう!

練習が終わった後で自分がまだできるようになっていないことを数えていたりしている自分に気がついたんですね。 それよりも今日の練習で一体何が進歩できたのかを数えたほうがいい。 今回はそんな話です。 練習は自分ができないことをできるようにすること?…

音を出した後で無理に響かせなくてもいい

自分はホルンを吹くときに息を吹き込んでしまう癖を改善するためこれまで工夫をしてきました。 その原因として最初は大きな音で練習しすぎていたからアパチュアが大きくなりすぎてしまったためだと考えていましたがそれだけではないなと最近気がついたんです…

人生で初めてオーディションを受けたときの話

音大卒業してから未だにコンクールとかオーディションに受けにいくようになって合格とはしていないのだけど落ちすぎてもういちいち落ち込むのがバカバカしくなってきたくらいまで落ちたと思う。 でも最初は落ちたらどうしようとか無駄に不安がってた。 でも…

すぐに上手くならなくても焦らなくていいんだ

音楽をやってるとどうしても自分と誰かを比べてしまうよね。 上手な人の演奏を聞いてしまってついこのままじゃダメだって思ってしまう。 そして焦ってしまう。 自分もすぐにでもあんな風にできるようになりたいって思っちゃう。 焦る気持ちはすごくよくわか…

レッスンを受けるときは自分と同じ経験がある人から学ぶ

これまでたくさんのレッスンを受けてきてその後自分が上達したこともあれば逆に自分が下手になってしまったこともありました。 その違いはなんだったのかふり返ってみると上手くいってるときは自分が当たり前になってることと近い経験のある先生とのレッスン…

「どうせ自分なんか、、、」こう思ったときは好きな音楽聴こう!

「どうせ自分なんか何やってもダメなんだ。」 「どんなに頑張っても才能がない自分はダメなんだ。」 失敗ばかりしてる自分はどうせダメなんだ。 どこかでこんな風に感じてしまって前に進めない方へ。 そんなとき味方になってくれるのは自分だけ。 でもそれが…

音を出したい気持ちを我慢する

僕はこれまで上手くなるための方法を教わっていてもそれを取り入れることができずにいました。 早く上手くなりたいという気持ちばかりが募り「早くホルンを吹きたい!「音が出したい!」と焦りながら練習していたから学んだことが習慣にならない。 自分でそのこ…

上手くいかない原因を連想されることで決めつけていた話

練習していて 速くタンギングができない。 音が響かない 音を外してしまう。 など調子が悪いときになんとなく連想されることで原因を決めつけてしまっていた自分に気がついたんです。 今回はそんな話。 上手くいかない原因はそこから連想されるもの? 上手く…

休符をただの休みだと思ってませんか?

楽譜には大抵音を出さない音符(休符)があります。 この休符をただの息継ぎの場所だったり唇を休ませる場所だと思っているとせっかくの演奏がもったいないことになってしまうんですね。 休符があるとついつい休みたくなるよね 特に管楽器の場合音を出すため…

滑らかにレガートで吹くときの2つのコツ

レガートをより滑らかにする方法。 音を出すときに次に出したい音をイメージする。 音と音の距離を考える。 この2つが練習していて効果がありました。 レガート奏法とは レガート奏法 音楽のアーティキュレーションのひとつ。ある声部において、連続する2つ…

失敗した自分は凄い!

自分がダメだと感じていても案外他人からみると羨ましいことであったり凄いことだと感じたりすることがある。 今までダメな自分をどうにかしたくて変わろうとしてきたけれどやっぱり自分はダメだと感じている限りいくら変わろうとしても変わらない。 結局変…

失敗するのが怖くて途中でホルンを吹くのをやめてしまう癖を改善する方法

自分はホルンを吹いている最中に調子がおかしくなってしまう予兆のようなものを感覚的に感じるときがあるんです。 それを無視して吹き続けたときは大抵昔の習慣的な癖が出てきて音が出なくなるか。 無理矢理吹いてしまったりする。 練習中にそれがおこってし…

ホルンの上達が始まったキッカケは今までの過去を忘れるところからだった話

これまで練習してきてハイトーンがダブルハイGからAsまでの間を出せるようになってきています。 以前はハイFが高いと思っていたのに最近はハイFが楽に出せるようになってきています。 高い音がずっと苦手だった 大学生の頃はどんなに練習してもハイFなんて夢…

調子が悪くなったとき意識するべき3つのこと

楽器を練習していると調子良く吹ける日とそうではない日がありますね。 僕もいつも調子良く吹ければいいのですがなかなかそうはいかないことばかりです。 練習していて調子が悪くなってしまったときどうすればいいのか。 自分が意識していることを書いていき…

なぜ上達したいのか?を考えてみよう

最近練習していて目的もなくただダラダラ練習をしてしまっている。 なぜだろうと考えてみると 自分がなぜその練習をするのか 練習して上達して一体何がしたいのか こういうことがまだフワフワしてしまっているからだと思う。 基礎だけ練習していてもつい何だ…

自分が感じるよりも大げさに吹いてみよう。それが基礎練習だったとしても!

「自分が思っているよりも大げさに演奏しなさい!」 僕はレッスン中に先生から何度も言われました。 これを基礎練習の時にも意識するようにしたら演奏がより質の高いものになったんです。 上達したことが聞いている人にも分かるように 以前の僕はを演奏して…

自分の演奏は世界一だと思い込んで練習してみよう!

どうも!かいとうゆうきです。 先日練習中にある実験をしてみました。 僕がこの結果を最初知った時正直メチャクチャ驚いたんですね。 だって世界一とかあり得ないしどう考えても無理じゃんと思っていたからです。 だから思考は身体に影響するといっても結果…

音をレガートで繋げるには軟口蓋を緩めることが必要だった話

どうも!かいとうゆうきです。 まだまだ実験段階ですがもしかしてレガートで演奏することも軟口蓋が関係しているかもと思ったんですね。 レガートが難しかったのは軟口蓋を固めていたせいかも? 音と音を滑らかに息だけで繋げて吹くことをレガートと言います…

無理に自分を変えようとしなくてもいい

僕は1日でも早く成長したくてこれまで自分の考えや行動をとにかく変えてきました。 でもそれがやり過ぎてしまって自分が結局どうしたいのかがわからなくなってしまっていました。 変わらなきゃいけないになっていた 自分にできなかったことができるようにな…

単純に考えすぎて結局吹いてないだけじゃないか?

自分は音大を卒業してホルン奏者の松崎先生のレッスンを何度か受けていました。 その時に印象に残っていたのが「とにかくグチグチ悩んでないでとにかく吹きなさい!」と言われたこと。 以前はなぜそんなことを言うのか理解ができませんでしたが今思うとその…

ワンコイン体験レッスンについて

どうも!かいとうゆうきです。 7月〜8月の期間限定で500円(ワンコイン)レッスンを実施いたします。 (通常1回30分のレッスン2500円)のところワンコイン(500円)のお試しレッスンです。 下記の日程でレッスン致しますので是非この機会にレッスンを受けて…

高音域の響きを増やすために必要だった3つのこと

最終日となるアレクサンダー教師キャシー・マデン先生のレッスンを受けてきたのでその模様を書いていきます。 体の使い方についてまた新たな発見がありました。 高音域の響きは右腕の使い方 今回課題として見てもらったのは高音域の音の響きについて。 キャ…

行動する前から結果を予測しない

練習で失敗を怖がってしまうのは早く上手くならなきゃいけないという思いが原因かもしれない。— かいとうゆうき (@HornKaichi) 2018年7月20日 自分が何故焦りながら練習していたのか考えてみたのですが人よりも下手だから才能がないからという自己否定の気持…

演奏していて「音が汚い!」と言われてしまう1つの理由

どうも!かいとうゆうきです。 自分の出している音が雑音の入った音や響いていない汚い音だと感じて悩んでいるとき 明るくて柔らかい音 太くて良く響く音 こんな音のイメージが正しいと思い込んでいるからかもしれません。 音が汚いのは本当にダメなのか? …

自分を観察するときの3つの基準

どうも!かいとうゆうきです。 先日自分が通っているBODYCHANCEの校長ジェレミーのレッスンであるゲームをしました。そのゲームの内容は まず一人がある出来事について喋る。 もう一人が喋っている人がどんな動詞を使っていたのか(感じる動詞、聞く動詞、見…

ホルンの演奏にお腹の筋肉をどう使うべきか

どうも!かいとうゆうきです。 自分は体の使い方について学んでいるのにも関わらずそれを上手く演奏に生かしきれていません。 特にこれまでお腹の筋肉を使って吐くことを必要以上に怖がっていました。 なぜかというと息を必要以上に出しすぎてしまうからと自…

「ホルン!音が聞こえない!」と言われたときに実践できる3つのコツ

合奏中あなたはこんな経験はありませんか? 「ホルン!もっと大きな音出して!全然聞こえない!」と言われる。 音を大きくしようとするも「ホルン全然聞こえない!もっと吹いて!」と言われる。 もっと大きな音を出そうとするが音が割れてしまってさらに音が…

自分がどんな前提で練習に取り組んでいるのか

突然ですがあなたはどんな前提で練習していますか? もしかしたらこんな前提で練習をしていませんか? 人よりも下手だから沢山練習しなければいけない。 自分はどんな前提で練習しているのか? 自分が当たり前だと思っていることの中に思わぬヒントが隠され…

足を自由にして演奏するだけで音が響く

先日アレクサンダー教師キャシー・マデン先生のレッスンを受けてきました。 今回特に見て頂いたのは立っているときの足の使い方。 足を動きやすくするだけで音がかなり響くようになったんです。 足をグッと固めた状態で立っていた キャシー先生に指摘される…

自分の気持ちを理解するには自分の気持ちをジャッジしないこと

自分の気持ちが分からなくなってしまったことってありますか? そんな時はもしかしたら自分の気持ちが正しいことなのか悪いことなんじゃないかといちいち判断してしまっているからだと思います。 自分が思ってしまったことは悪いことだから 社会的にどうとか…