Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分を観察するときは自分を受け入れることが必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近自分で自分の事を観察できるようになってきた。

 

練習中上手くいかないとき

 

休んで変な癖をつけないようにすること

 

が多かったけれど、

 

どうしたら

 

その問題を解決できるのか

 

自分で考えるようになった

 

 

 

自分がどうなっているのかを観察し情報を集める

 

 

自分がどう吹いているのか

 

吹き方がいいとか

悪いとか

意識せず

自分がどうなっているのかを

 

純粋に鏡で見てみる

 

これが以外に難しい。

 

恐らくなにか問題があるとき

アンブシュアを気にしてしまうのだが

 

ここで「正しいアンブシュア」を意識しないほうがいい

 

以前の自分がそうだったのだが

自分のアンブシュアを見て

 

恐らく多くの教則本に載っているであろう

正しいアンブシュアと自分のアンブシュアと違っていたとき

 

自分は正しいアンブシュアに直そうと無意識にしてしまっていた。

でもこれを目的に鏡を使うと

たいてい上手くはいかない。

 

なぜなら正しいアンブシュアを目的にした瞬間

観察するという目的からはずれてしまうし

そもそも正しいアンブシュアが自分にとって

正しいとは限らないからだ。

 

 

 

 

今の自分を受け入れる

 

どんなにアンブシュアが変だと感じても

 

吹き方がおかしく感じても

 

自分を観察するときに必要なのは

 

今の自分を一度受け入れる事が必要

 

これができると鏡を使う事は

すごい味方になる

 

自分はこれがなかなかできなくて

 

鏡を使っても調子が悪くなるだけだったし

 

観察することも出来てはいなかった。

 

 

 

 

つらいけどここを受けいられるかどうかが

正確に自分自身を観察出来るか出来ないかのコツ

 

 

参考にしてみて下さい。それではまた

 

 

 

 

 

~すべき ~しないといけないは思考を停止させ可能性を狭めてしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽器を毎日練習すべきだ 

 

一日3時間は練習しないといけない

 

基礎を固めてから

曲をやるべきだ

やらないといけない

 

完璧にできないと先に進んじゃいけない

 

ブログ毎日書かないといけない

 

こういった考えがでてくる時が

自分はまだまだあります

 

 

~すべきだ

~しないといけない

 

これが出てくるとき

たいていろくな事にならない。

 

 

 

 

~すべきだ ~しないといけないは自分の思考を停止させ自分の可能性を狭める

 

~すべきだ

~しないといけない

自分の思考を停止してしまう。

 

いろいろな可能性があって

試してエ見て良いはずなのに

 

毎日練習しないと上手くなれない

 

3時間は練習しないと上手くなれない

 

 

 

それは本当なのか

もっといい練習方法があるんじゃないのか

って考えることが自分の可能性を広めるんだと思う。

 

 

 

f:id:ykaichi:20170511101012j:plain

 

 

 

 

 

 

本当に望んでいることよりも現状を維持しようとする自分がいる

 

 

ホルンの練習だって

毎日やらなきゃ上手くなれない

わけではないし

 

 

基礎

を固めてからじゃないと楽器を吹いてはいけない

というわけでもない

 

完璧なんてありえないんだから

どんどん先に進めばいい

 

ブログだって

書きたいと思ったときに書くって決めてるから

書きたくないときは書かなくてもいい

 

 

でも

ここまでせっかく続けてきた

ものをやめてら

また最初から

やり直しになるんじゃないのか

とどこかで不安になる。

 

 

 

f:id:ykaichi:20170511101149j:plain

 

 

 

 

 

 

続けるのはいいことだけど過去に執着しない

 

 

今まで続けてきた自分は

今の自分ではなく

過去の自分だと

今書いていて気がつきました。

 

今どうなのか

続けることに

意味はあるのか

あれば続ければいいし

無ければ

何かを

変える必要がある

 

 

 

f:id:ykaichi:20170511101520j:plain

 

 

 

 

 

変化することも含めて続けていく

 

 

 今続けてきたことが

変化することによって

無駄になる分けじゃないし

 

むしろ変化していくことによって

いろいろな可能性を

試せる

 

 

 

変化していくことも含めて続けていく

 

 

意識していこう

 

それでは

 

 

 

 

 

本番のつもりで録音するとなにができていないのかがわかる。でもそれだけじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今練習で

 

本番のつもりで録音することをしています。

 

そうすると

 

自分はなにができていないのかがわかります。

 

でもそれだけじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録音は自分に自信をつける

 

f:id:ykaichi:20170510201755j:plain

 

 

 

 録音って自分に自信をつけるためにとても良い練習なんです。

 

 

課題とするところ 苦手なところがわかるだけじゃなく

 

自分が成長できているもの

 

得意なもの

 

できているもの

 

もわかる

 

自分の奏でたい音楽や音のイメージにどのくらい近づいていているのか

 

なにをすれば良くなるのかもわかってくる。

 

 

今まで録音することって自分のできてないことばかりに

意識がいってて嫌だったんだけれど

できているものもわかるんだよなー

そう考えたら

録音するって自分に自信をつけるとても良い練習なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理して自信をもつようにしていた

 

f:id:ykaichi:20170510202213j:plain

 

 

まで自分は無理して自信を持つようにしてた。

 

本当は自信ないのに無理して自信をもつようにしてた。

 

そうしないと自分を保てなかったし、ホルンも吹けなかった。

 

でも

 

自分が今どのくらい吹けているのか

 

解らなかったことが

 

本当の意味で自信が持てなかった理由だったんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本番のつもりで失敗しても一回通しきる。

 

f:id:ykaichi:20170510202404j:plain

 

本番は一回しかない

 

失敗したらもう一回やり直しなんて本番ではいっていられないし

 

一回通す中で

 

なにが出来ていて

 

なにが出来ていないのか

 

を理解することで

 

今何を練習すべきなのかがわかってくる。

 

 

 

本番のつもりで録音する

 

これから続けていこう

 

それでは

小さい音量を出す3つのコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもかいとうゆうきです。

 

今できるかぎり小さい音で吹く練習をしているのですが

 

その中でいくつか気がついた事があるので

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

音色を変化させることを意識する

 

音色の違いをつけることによって

 

音量の変化をつける

 

そのことを意識するだけでも

 

音が小さくなりやすいんです。

 

 

 

f:id:ykaichi:20170509081223j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

音を出すための準備に時間をかける

 

f:id:ykaichi:20170509081256j:plain

 

 

大きい音量の場合とりあえず息をたくさんいれたら出るし

 

勢いみたいなものに任せて吹く事が出来る。

 

でも小さい音量の場合

 

使う息の量は少なくなり

 

アパチュアも小さくなるので

 

音が出る範囲が小さくなる

 

なので勢いでは出来ないし

 

しっかり音が出るところを

 

狙う事が必要になる。

 

 

 

時間がかかっても良いから

 

音が出る環境を整っておいてから

 

音を出すと小さい音量は出しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

どのくらい小さい音を出すのかを決めておく

 

f:id:ykaichi:20170509081333j:plain

 

 

 

 

PなのかPPなのか

 

音が聞こえないくらい小さい音を出すのか

 

どのくらいの音量で吹くのかをまず決めておく

 

これを意識すると小さい音になりやすい。

 

 

 

  • 音色の変化を意識する

 

  • 時間がかかってもいいから音を出す準備をする。

 

  • 具体的にどのくらいの音量なのかを決める

 

 

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

それでは

僕たちは重力を受けて生きている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちは重力というものを無意識に受けています。

 

重力があるから

 

地球の上に立ってもいられるし、歩けるし、走れるし、楽器だって吹ける。

 

もっと大きく言ってしまえば酸素を得ることができて呼吸することができ生きていける。

 

 

 

f:id:ykaichi:20170509005940j:plain

 

でも

 

 

 

 

 

 

 

無意識だと重力に押しつぶされた状態になってしまう

 

 

 

 

体のあちこちが痛くなったり、体に力が入ってしまったり、

思い通りに体が動かなくなったり。

猫背になったり

でもそれは僕たちが何気なく受けている重力に原因があったりする。

 

重力により頭は下がり脊椎は押しつぶされ体全体が上手く動かなくなったり

 

緊張したり、姿勢は悪くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

アレクサンダーテクニークは重力に逆らうことの手助けが出来る

 

 

 

 

 

 

 

アレクサンダーテクニークはそこに働きかけることができる。

だから

 

体を楽にしたり、姿勢が良くなったりすることができるんだなあ

 

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

上手くいったと思った途端に上手くいかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の思った通りに出来ている

 

良い感じだと思った途端になぜか足下をすくわれちゃう事が多い。

 

安心しちゃうのか、集中力がなくなってしまうのか

 

油断してしまうのか

 

上手くいっているときこそ

油断しちゃいけない

 

 

 

 

 

 

 

出来たからといって油断しない

 

 

 

 

出来たと思って

もう一回やってみると

これができない

 

できたからといって次も100パーセント出来るとは限らない。

 

 

 

出来た確率を少しずつ上げていくようにしていかないと

 

 

 

 

 

 

なぜできたのかを考えないと先に進めない

 

 

できたという経験からなにに気づいていけるのか

 

学んでいけるのか

 

どうして出来るのか

を考える

 

それが解れば確率はぐんと上がる。

 

 

成長していける。

 

それではまた

経験は繰り返せない 学んだことは繰り返せる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもかいとうゆうきです。

 

アレクサンダー海外教師のトミー・トンプソンさんが合宿中言っていたのですが

 

 

 

 

経験は繰り返せない

学んだことは繰り返せる

 

 

 

 

 

僕は一度上手くいったことをもう一度

やろうと今までしていました。

 

上手くいった感覚

この感覚をもう一回味わいたい

そういうときは上手くいかないそうなんです。

 

 

 

昨日と今日の自分は違う

昨日と今日では体の状態は違います

 

成長していれば良いのですが

 

日にちが経つ事に衰えているという事実があります。

 

 

だから前に上手くいった感覚をつかもうとすると

 

それは過去の自分の感覚なわけで

 

今の自分とのズレが出てくる。

 

 

 

 

f:id:ykaichi:20170507010003j:plain

 

 

 

 

 

 

 経験から何に気づいて学んでいけるか

 

 

 上手くいったのか 上手くいかなかったのか  上手くいったとしたら どうして上手くいったのか もし上手くいなかったとしたら

どうしたらできるのか、できない原因はなにか

 

たえず考え続け

 

自分で気づいていく

 

 

そうすることで成長していける

 

 

 

同じ経験をするんじゃなく

経験から気づき学ぶ

 

 

 

意識していこう。

 それでは